小学生にもわかるデジタル漫画術

 たかまる堂で制作するマンガ・イラストは、すべてデジタルデータで仕上げています(似顔絵のみ、色紙に描いています)。


 現在ではマンガを描くことに特化したアプリケーションがありますが、わたくしがデジタル制作を始めたころからずうっと使い続けているのは Adobe Photoshop(アドビ フォトショプ)と Adobe Illustrator (アドビ イラストレーター)です。近年では、マンガのネーム(コマ割りとセリフを作る作業のこと)に、 Adobe InDesign(アドビ インデザイン) をつかっています。Adobe InDesign をつかうと、印刷入稿はもちろんのこと、webマンガをつくることもできて、大変便利です。


 これらのアプリケーションを具体的にどのようにつかっているのか、そのテクニックを、J-Macで講師もつとめる不肖おがたたかはるが、初級レベルから紹介してまいります。

 

 題して「小学生にもわかるデジタルマンガ術(とはいえプロ仕様)」

 

デジ★漫太郎がご案内いたします!

 

 


デジ★漫太郎
    デジ★漫太郎

 

わしは、ここの主(ぬし)、デジ★漫太郎じゃ。

よろしくの〜。

 

ここで紹介する方法は、あくまでデジ★漫太郎流じゃ。

他の方法もあるので、かならずしもベストの方法ではなかろう。

じゃが、プロがやっておる方法なので、ちょいと参考にしてくれればええんじゃ。

 

ところで、わしが間違って書いてしまう内容があるかもしれん。

そこんとこ、ヨロシクの〜。

間違いに気づいてくれた方は教えてもらえるとうれしいぞえ〜。

 

まずは「総合編」から見てみてくだされ〜。