小学生にもわかるデジタルマンガ術 インデザイン編じゃよ。

「アドビ インデザイン」は、たくさんのページをパソコンでレイアウトできるアプリケーションなんじゃよ。

 

わしはこれをネームづくりにつかっておるよ。

ネームというのは、マンガのコマ割りとセリフをつくる作業の業界用語じゃな。

 

 

従来、マンガのネームは紙とエンピツでやったもんじゃ。

主人公の心の叫びを表現するセリフを紙に書いてゆく。

しかし、イッパツで決まらないこともある。

書いては消し、消しては書くという作業の連続じゃよ。

 

ネームを書く紙は消しゴムに痛めつけられてよれよれに…。

おまけに自分で書いたはずなのに、あとで読めないほどに

ぐっちょんぐっちょんの文字に…。

 

なんてことをやっておった。

 

そこで、インデザインの登場じゃ!