小学生にもわかるデジタルマンガ術 フォトショップ編

デジタルマンガ術のメイン項目じゃぞ!

フォトショップを使いこなすことが、デジ漫の醍醐味(だいごみ)なのじゃ!

 

マンガを紙に描く。次に、描いたマンガをスキャナーでパソコンに読み込む。

そこまでできたら、フォトショップの出番じゃ!

 

フォトショップを使うために、まず知っておかなければならんのは

「解像度(かいぞうど)というものじゃ。

 

パソコンで扱う画像には、解像度のあるものと、解像度は関係のないものがある。

フォトショップというアプリケーションは解像度のある画像を扱うもので、

イラストレーターというアプリは、解像度の関係ないベクトルデータというものを

扱うものなんじゃ。

解像度(かいぞうど)を知るのじゃ!

解像度
  ↑クリックで拡大

フォトショップで扱う画像をビットマップデータとも言うのじゃが、それを拡大していくと、右の画像のように細かい四角のマス目が見えるようになる。

ひとつのマス目のことをドットというのじゃ。

解像度は1インチ四方の中に、ドットがいくつあるかで決まる。


たとえば、1インチ四方の中に、ヨコ72個・タテ72個のドットがあれば、解像度は72dpi(ディー・ピー・アイ)ということになる。

dpiとは、ドット・パー・インチのことじゃよ。

 

マンガは、印刷される場合がほとんどなので、カラー原稿なら350dpi、モノクロ原稿なら600dpiの解像度でデータをつくることが一般的じゃ。

Photoshop用アクション<600dpi2階調アミ作成>ファイル

PhotoshopCS4でつくった、アクションファイルじゃよ。グレースケールの画像をボタンを押すだけで2階調のアミ点画像に変換できるのじゃ。解像度600dpi用で、20線〜85線への変換が可能。くわしい使い方はいずれ「フォトショップ編」でも紹介するのじゃ〜。(Mac OS 10.6.8でつくっておるよ)

600dpi2階調アミ作成.atn
ダウンロードフリーです。このファイルを使用することでおきた不都合については、責任を負いかねますので、ご了承の上、ダウンロードしてくださいね!
600dpi2Tone_Action.zip
zip ( 圧縮 ) ファイル 907 Bytes